【一目でわかる!】ドラマ「クロサギ(2022)」の相関図

クロサギの相関図 クロサギ

ドラマ「クロサギ(2022)」の相関図です。登場人物の相関関係が一目でわかります。でも、キャストの発表が続き、追加追加しているうちに複雑になってしまいましたー(;^_^A でもそれだけ楽しみなドラマです♪♪

ドラマ「クロサギ」(2022)の相関図

【詐欺師を騙す詐欺師】平野紫耀さん

主人公の黒崎高志郎(くろさき・こうしろう)を演じるのは、平野紫耀さん(King & Prince)。

世の中には三種の詐欺師がいる。
人を騙し、金銭を奪うシロサギ。
色恋を餌にするアカサギ。
そしてこの世で一羽だけ、シロサギとアカサギだけを餌とし喰らう最強の詐欺師がいる。
詐欺師を騙す詐欺師ーその名は、クロサギ。

引用元:番組公式ホームページ

↑これ、超しびれる~!!

黒崎が15歳の時、詐欺被害に遭った父が起こした事件をきっかけに家族を失った黒崎は、詐欺師への復讐を決意し、「クロサギ」という生き方を選びます。
過去の経験から、法律は人を守ってくれないと考える黒崎は、その怒りを原動力に、いつかは父を騙した詐欺師「御木本みきもと」にたどり着くべく、「この世のシロサギを全部喰ってやる」と心に決め、生きる目的としています。
カッケー!!

表向きは自らが住んでいるアパートの大家をしており、黒猫の「クロ」を飼っている彼は、一見、人当たりの良いごく普通の青年で、誰にでも分け隔てなく接する飄々とした人物です。
しかし、過去の出来事から誰も信じない、誰のことも頼らない孤独な人生を送っています。
そんな一匹狼の黒崎が、さまざまな人間との出会いの中で自らの過去と向き合い、葛藤し、変容していく姿が見どころです。
劇中で繰り広げられる、「シロサギ」との巧妙な心理戦や警察との攻防戦にも注目です。

【検事志望の大学生】黒島結菜さん

黒崎(平野紫耀さん)との出会いにより様々な葛藤に直面する、検事志望の大学生・吉川氷柱(よしかわ・つらら)役を演じるのは、黒島結菜さんです。
氷柱は、検事になる夢を持つ、努力家で正義感が強い女子大学生。
“クロサギ”の黒崎とは正反対のイメージですね。
自分の父親が詐欺の被害に遭い、黒崎に助けられ二人は出会いますが、詐欺師を詐欺で陥れる彼のやり方がどうしても許せません。
二度と会うことはないと思っていた氷柱ですが、あることがきっかけで黒崎の壮絶な過去を知り、想いを理解していくにつれ気持ちに変化が芽生えていきます。
検事を目指す自分の立場とは相反する、詐欺師の黒崎に対する複雑な思いに葛藤することに。。
そんな黒崎と氷柱の間に生まれていく切ないラブストーリーの展開も楽しみです。

【詐欺に遭う】船越英一郎さん

氷柱(黒島結菜さん)の父親・吉川辰樹(よしかわ・たつき)役に、“2時間ドラマの帝王”降臨! 船越英一郎さんです。
お人好しで家族思いな性格につけ込まれて、なんと、詐欺のターゲットにされ、全財産を失ってしまいます(>_<)
そして黒崎が、辰樹を騙したシロサギを追うことになります。
黒崎と関わることで吉川家の運命はどうなっていくのか、また、辰樹と向き合っていく中で、黒崎の壮絶な過去も明らかになっていきます。
さらに、黒崎と出会い葛藤を抱えていく氷柱に対して、辰樹は父親としてどのように寄り添っていくのか。
黒崎と氷柱の関係に、辰樹がどのような影響を与えていくのかも注目ポイントです。

【詐欺師界のフィクサー】三浦友和さん

詐欺師界のフィクサー・桂木敏夫(かつらぎ・としお)役は、三浦友和さんです。
桂木は、表向きは甘味処の店主ですが、実は詐欺師たちの頂点に立つフィクサー(‘Д’)
詐欺師に必要な情報や、詐欺の方法を売ったりしていて、黒崎も桂木から詐欺の情報を買い、儲けの4割を情報料として納めています。
黒崎にとっては、詐欺の師匠的な存在です。
しかし一方で、黒崎がクロサギとして生きていくことになった背後には、この桂木が深く関わっているのです。
桂木は、一見穏やかで、黒崎とは親子のようにも見える関係ですが、互いの腹の内を見せることは決してない、絶妙な距離感を保っています。
物語が進むにつれて明かされる過去の真実。。
やがて桂木は、黒崎の前に立ちはだかる大きな壁となるのか否か!?
平野さんと三浦さんの演技の駆け引きが楽しみです♪

【桂木の腹心】中村ゆりさん

桂木(三浦友和さん)の腹心・早瀬かの子役は、中村ゆりさんです。
桂木が店主を務める甘味処の店員さんで、桂木の腹心的な存在。
桂木のために情報収集や、邪魔者の始末も行います。
表向きは明るく、黒崎にも姉のように接していますが、黒崎が出過ぎた真似をするとくぎを刺すなど、敵に回しては怖い存在です(;^_^A

【詐欺師を憎む警察官】井之脇海さん

黒崎と敵対する警察官・神志名将(かしなまさる)役は、井之脇海さんです。
自分の出生にまつわる事件から、詐欺師を憎んでいて、詐欺事件の捜査に執念を燃やしています。
だから、黒崎に対しては攻撃的なふるまいをするなど、敵対関係にあります。
しかし黒崎を追っているうちに、詐欺師によって人生を狂わされた彼の過去を知り、二人の心情に現れて来る変化に注目です。

【クセ者のシロサギ】山本耕史さん

大企業のみを標的とするシロサギ・白石陽一(しらいしよういち)を演じるのは山本耕史さん。
人当たりが良く、詐欺師に最も必要な「人から信頼される」スキルがずば抜けています。
この才能、まっとうな仕事に生かせばいいのにー(^_^;)
でも、実際は何を考えているかわからない、正に“クセ者”、だから山本さんにピッタリ!
「シロサギ」を標的とする黒崎にとって、白石は敵となる人物ですが、ニ人にはある共通点が――。
そして、意外な関わり方をしていくことになるとのこと。
これは要注意人物ですねぇ!

【父の仇】坂東彌十郎さん

黒崎が父親の仇としてずっと追い続けている大物詐欺師・御木本を演じるのは、坂東彌十郎さん。
黒崎の父に詐欺を仕掛けた張本人で、警察関係者にもその名が知れ渡っています。
黒崎が「シロサギ」の情報を買っている桂木敏夫(三浦友和)とも懇意にしているようですが、その正体は謎に包まれています。。
黒崎はどのように御木本へ近づいていくのか――。
黒崎 vs. 最大の敵・御木本の最終決着は、大きな見どころです。
「鎌倉殿の13人」では、とってもユニークで視聴者を癒してくれた彌十郎さんが、めちゃくちゃワルになって登場!
すごいキャスティングです(*^^*)

【黒崎に負い目を持つ警部補】宇野祥平さん

叩き上げの警部補・桃山哲次(ももやまてつじ)役は、宇野祥平さんです。
桃山は、黒崎の父親が被害に遭った詐欺の担当刑事。
事件として立証できなかったことで、黒崎に負い目を感じています。
黒崎が現在、詐欺師として暗躍していることに責任の一端を感じ、彼にとって本当にためになることは何かを考えています。
優しい刑事さん役は、宇野さんにピッタリですね。
『セシルのもくろみ』で、真木よう子さんの優しい夫役の宇野さんが大好きでした(*^^*)

【黒崎と対立する助教】時任勇気さん

氷柱(黒島結菜さん)が通う大学の助教・高宮輝(たかみやひかる)役は、時任勇気さん。
高宮は、日本の法制度の改革を目指す若きエリート・絵に描いたような好青年・大学内で人気もあり、氷柱とも仲がいい。
だから、詐欺師の黒崎の考え方とは相容れません(;^_^A
氷柱の存在も絡み、この三人の心模様も要注目です。

最後に、クロサギの原作・前作・新作をチェック!

原作は、黒丸・夏原武さんによる漫画「クロサギ」シリーズで、2003年から2013年まで「週刊ヤングサンデー」「週刊ビッグコミックスピリッツ」(ともに小学館)にて連載されました。
そして連載中の2006年には、山下智久さん主演、堀北真希さん、山崎勉さん共演で放映されました。Paraviで見れます。なので、「正直不動産」(2022)での山下さん、山崎さんの再競演には思わず涙しました(;_;) U-NEXTで見れます。
今回の「クロサギ」もParaviで配信予定です。

今作のクロサギは、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作にした、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化されたわけです。
原作を今読んでみると、例えば、黒崎が使っているのはスマホではなく、二つ折りになるより前のガラケーだったり、古さは否めませんが、全体の筋を抑えておくためにも原作はマストですね。まんが王国で読めます。
ドラマでは2022年の日本が舞台になるので、ドラマも自然に楽しめます。

  • クロサギ…全20巻。2003年11月~2008年5月まで「週刊ヤングサンデー」で連載。
  • 新クロサギ…全18巻。2008年6月~2012年8月まで「週刊ヤングサンデー」「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載。
  • 新クロサギ完結編…全4巻。2012年8月~2013年7月まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載。
  • 新作…週刊スピリッツで、外伝新連載『クロサギ再始動ー18歳新成人詐欺犯罪編-』が9月26日(月)スタート!いまどきなテーマで楽しみです♪

「クロサギ」の相関図 まとめ

クロサギ・黒崎の人間関係は、敵対、対立する人が明確です。
ダークヒーローは、いつの時代も魅力的ですね。
また、黒崎がクロサギになった背景が明らかになるにつれて、それぞれの心理状態、人間関係が微妙に変化していくところも楽しみです。
詳細は、番組公式ホームページをご覧ください。
最後までお読みくださり、どうも有難うございました。


↓ほかのドラマの相関図はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました