一目でわかる!「親愛なる僕へ殺意を込めて」相関図

親愛なる僕へ殺意を込めて 相関図 親愛なる僕へ殺意を込めて

「親愛なる僕へ殺意を込めて」の相関図をわかりやすく解説します。「秋ドラマ、どれ見ようかな?」のご参考になればうれしいです。

相関図

解説

「ある朝目覚めたら、ぼくは殺人犯になっていた・・」
「親愛なる僕へ殺意を込めて」は二重人格サスペンス! 行きつく暇も与えないどんでん返しのストーリー展開に引き込まれそうなドラマです。

“人生楽しんだもん勝ち。楽しければそれでいい”と、毎日ヘラヘラ仲間と過ごしている大学2年生・浦島エイジ山田涼介さん)ですが、“実の父親が連続殺人事件の犯人”という暗い過去を持っています。ある日、父親が起こした殺人事件と酷似した猟奇的殺人が起こるのですが、なんとエイジには、その殺人事件が起こったとされる期間の記憶が完全に抜け落ちているのです。。自分が二重人格であることに気付き、「今回の猟奇的殺人を犯したのは、連続殺人鬼である恐ろしい父親の血をひく“もう一人の自分”なのでは…」という恐怖と不安にさいなまれるエイジ。事の真相を突き止めるべく、意を決して“自分探しの旅”に出ますが、そこで驚天動地の事実が次々と明らかになっていきます!

父親が殺人鬼ということで、周りから白い目を向けられてしまうエイジですが、ただ一人、明京大学生で恋人の雪村京花(門脇麦さん)だけはエイジを受け入れてくれます。しかし京花にも、驚くべき秘密が隠されていたのです。。

暴力団組織とも対等に渡り合える力を持つ半グレ集団「スカル」のリーダー・佐井さいやしろ中村松也さん)、通称サイには、見るに堪えないほどの拷問性、暴力性があり、、このため15年前に起きた拷問による連続殺人事件に興味があるとともに、エイジにも興味を示しているのです。サイが運営するデートクラブで働いているのがナミ(川栄李奈さん)です。

15年前に発生した連続殺人事件の犯人とされているのが、エイジの父・八野衣はちのいまこと早乙女太一さん)。警察に追い詰められ、自ら火を放ち自殺を図ることに。。

今回起きた、15年前の“模倣殺人事件”を追うのは、刑事・桃井薫(桜井ユキさん)。15年前の事件の時には、捜査方針に疑問を持ちつつも捜査が終了してしまったため、今回の事件には並々ならぬ執念を持ってエイジを追います。しかし彼女には、周りにひた隠しにしている秘密がー。
今回の事件の指揮を執るのが、上司・猿渡さるわたり敬三(高嶋政宏さん)。清廉潔白で絵に描いたような刑事ですが、実は彼にも秘密がー。
犬飼刑事(岩男海史さん)も参画し、手ごわい刑事軍となりそうです。

帝東大学教授・白菱しらびし正人しょうと佐野史郎さん)もまた、人に言えないある事情を抱えています。。

八野衣真の保護司だった浦島亀一きいち遠藤憲一さん)は、エイジを引き取り、実の息子同然に愛情を注いで育て上げてきました。模倣事件発生後も、警察に疑われるエイジの無実を信じ続けています。

まとめ

以上見てきたように、登場人物それぞれに「秘密」「事情」があり、、もう誰を信じてよいのかわからなくなってしまいました(;^_^A 麦さんにはぜひ、涼介さんの見方で居続けていただきたいですが、、せめて遠憲さんだけでも清廉潔白でありますように(^_^;)

一方で、めちゃくちゃ凶暴な中村松也さんも楽しみです。

ところで、早乙女太一さんって、山田涼介さんの父親役をやるくらいの年齢でしたっけ?? どんな父親を演じるのかも楽しみです。

いずれにしても、10月5日(月)のスタートを心待ちにしたいと思います。
詳細は、番組公式ホームページをご覧くださいね。
最後までお読みくださり、どうも有難うございました。


原作はこちら↓


他のドラマの相関図はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました