「御手洗家、炎上する」ドラマ化!キャスト

御手洗家_キャスト 2023冬ドラマ

2023年にNetflixでドラマ化される、「御手洗家、炎上する」(藤沢もやし作)のキャストをレポートします。

主演に永野芽郁さん

御手洗みたらい家に家事代行サービスとして潜入する村田杏子あんずを、永野芽郁さんが演じます(原作では「山内しずか」)。
“潜入”と書いたのは、、杏子にはある目的があったから。それは、復讐。御手洗家は元・自分の家。13年前に火事で焼け、杏子の母は自分のせいだと、炎上する家の前で、杏子、そして父の前で土下座するというショッキングな場面から原作は始まります。その後母は離婚し、後妻に家を乗っ取られたのです。だから、杏子の前の名前は御手洗杏子あんず。杏子の母は、今は全生活史健忘症で入院中。それは、長期にわたる過度のストレスが原因だったのです。。
見た目はとてもおとなしく、優しそうな杏子。でも実は、後妻への復讐という恐ろしい想いが渦巻いている杏子。いま、若手の女優さんの中でトップと言っていいんじゃないでしょうか、芽郁さんがどのように演じてくれるか、超・楽しみです。上のツイッターの芽郁さんに、もうキュンキュンしまくりです(*^^*)

↓永野芽郁さんのメッセージ↓

――出演オファーについて
世界に配信されるNetflix作品への参加だったので純粋に嬉しかったです。
すぐに原作本を読ませていただいたのですが、ホームサスペンスというだけあってスピード感がありながらも、家族としての各々の想いに感動する場面もあり早く撮影に挑みたいと楽しみになりました。

―脚本の印象、撮影エピソードについて
原作本をお手本にしながら、監督をはじめとしたスタッフの皆様と話し合いを重ねながらの撮影でした。
原作の一コマをドラマで再現しようとすると難しく、試行錯誤しながらもスピード感と少しの違和感を持たせられるように日々頭をフル回転させて挑みました。

――視聴者の方へメッセージ
「御手洗家、炎上する」。一気見したくなるドラマが出来たと思います。
観てくださる皆さんも、私が演じる杏子と共に13年前の火事の真相を突き止めてください。
楽しみにしていてくださると嬉しいです。

引用元:アニメハック

敵役に鈴木京香さん

母を追い出し、家を乗っ取った、にっくき御手洗真希子役は鈴木京香さんが演じます。
今は裕福な奥様で、雑誌の読者モデルもしている真希子。でも昔は貧乏くさく、実は杏子の母の親友だった、渡真希子がその正体。かつての御手洗家に出入りしているうちに、杏子の母の仕草も真似するようになり、そしてついには家を乗っ取ってしまう。杏子の母が自分のせいだと言っている火事も、実は、、
↑上のツイッターの写真を見るだけで、京香さん、メチャクチャはまり役! 敵役は美しいほど、憎たらしいほど、見ているこっちも熱くなれるので、京香さんに大・期待です。

↓鈴木京香さんのメッセージ↓

御手洗家、炎上する
なんて不穏なタイトルに負けず、私が演じさせていただいた真希子はとても不穏で怖い女性です。
難しい役でしたが、永野芽郁さん演じる杏子との台詞のやりとりはとても面白いものになったと思います。
幅広い世代の皆さまに楽しんでいただけるドラマです。是非ご覧ください。

引用元:アニメハック

「御手洗家、炎上する」ドラマ化!キャスト まとめ

復讐に燃える永野芽衣さんと、それに憎たらしく対峙する鈴木京香さんの掛け合いが楽しみなドラマです。芽郁さんのメッセージにもあったように、13年前の火事の真相も見逃せません。他のキャストが公表され次第、追加してまいります。
最後までお読みくださり、どうも有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました